Words

君は何をされてる方なの?ってアッコさんに聞かれたら

君は何をされてる方なの?

 

と和田アキ子さん(またはMr. しゃちほこさん)に聞かれたらあなたはなんて答えますか?

 

 

…いきなりどんな質問やねんって感じですが(笑)

 

まぁさ〜しかも、アッコにおまかせに出る日なんてこないかもしれないけどね。

まぁ出てみたいっちゃ出てみたいかも。でもヒルナンデスの方が…

…っていやいや。わたしはそんなことを話したいんじゃない。

 

 

今日の本題、書きたいことは「肩書き」について。

 

イベントなどで紹介される時、大抵「○○のHonokaちゃんです」って

名前の前に「肩書き」をつけて紹介されるわけだけども

 

ライター

フォトグラファー

編集

などなど…

 

その都度、いろんな「肩書き」で呼ばれていて多分

Honokaといえば○○だ!という肩書きが今のところない

(…気がしている。そもそもそんな知名度もないけどな!)。

 

 

ライターなり、フォトグラファーなり

そう言ってくれる人には「あ〜わたしってこういう風に思われてるんだ〜ありがたいね〜」

と思うわけだけど、自己紹介をする時がとても困る。

 

わたしは一体、何をされている方なの?

 

確かに文章を書いてお金をいただいたり

写真を撮ってお金をいただいたりはしているけれど

 

1つのことで食べていっているわけではなく

ライターでもなければ?

フォトグラファーでもない?

 

まだそうじゃないけどラッパーやシンガーにもなりたいし

今度スタイリングデビューもするし

グラフィックデザイン?的なこともするし(カテゴリのDesign参照)

写真に撮られるモデル的なこともしてる

 

まだ何者でもないコンプレックス

いろいろこなしてすごいですね〜と言われることもあるけど

この何者でもないということが実はコンプレックスだったりもする。

 

学生時代、先生に「1つに絞った方がいいよ」と何気なく言われたことはずっと心に残っている。

その先生は言ったことすら忘れてるだろうけど。

いろいろしていることによって、1つのものにさける時間は減るわけだから

出すコンテンツの信頼・クオリティが下がるのかもしれない。

1つのものを極めてる人に仕事を依頼したい人の気持ちもわかる。

(わたしは歌も、写真も、文章も…表現や経験は繋がると思うのでやることはムダだとは思わないけど)

 

ラッパーです。

フォトグラファーです。

って胸張って自己紹介できる人ってかっこいい。

わたしもそうなりたい!

って思うんだけど、好きなことが多すぎて絞れないんだなこれが。困ったもんだ。

1日は24時間しかないというのに。

 

少年老い易く学成り難し

という言葉があるように

1つのことを成し遂げるだけでも大変なのに

4つも5つも成し遂げられたらそれはもはや聖徳太子か。

(ん?なんか微妙に話、違う気がする)

 

でもどれも好きだからやめられない。

もうこればかりは仕方ない。

 

 

まだまだアッコさんに「君は何をされている方なの…?」と聞かれた時のはっきりした答えは見つからなさそう。

このまま見つからなくてもいい気もどこかでしている。かも。

というかそういう時代になる気もしている。

雑誌とかでも、肩書きめちゃめちゃたくさん書いてる人いるじゃん?

 

 

今は、この不安定な状況を楽しんで

みんなが言うわたしの肩書きが一致する時が訪れるのを待ってみようかな。

または、自分にはこれだけあればいい!と言うものに出会うかもしれない。

 

まだ何でもない…わたしはわたし?

このサイトではわたしが作ったもの・行った場所や感じたことを発信していきたいわけだけど

つまりは、その時のありのままを載せていくことになるんだと思う。

 

このサイトに載るコンテンツを見ながら

「あ〜フォトグラファーになってきているね〜」

「ライターさんだね〜」とそれぞれ変化や成長を感じてもらえるよう

わたしも作り続けたいし、精進しよう。

 

まぁ、結局のところ肩書きが何になろうが、好きなものは好きだし

根本は変わらないんだろうけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です